イベント

7月の満月ヒーリング見届けました

始めに、創造主のエネルギーを通して今回のヒーリングを希望された全ての方と繋がり、真珠色の真っ白な光の中で人生のあらゆる領域のあらゆることへの感謝を送りました。

ゆらゆらとオーロラのようなエネルギーが降り注いでいます。

美しい満月の光がぼんやりと見えます。
その光は次第に大きくなっていき、目の前が巨大な月の地表でいっぱいになっていきました。

すると、大きな扉が現れて、ゆっくりと開いていきます。

中から出てきたのはたくさんの子供たちの笑顔。

無邪気に、ただ生きていることを喜んでいる顔でした。

 

そういえば…

私は子供の頃に無邪気に笑っていたかしら?

そんな時代があったかもしれないけれど、一体いつから無邪気さを忘れてしまったのだろう。

いつ、この笑顔を閉じこめ鍵をかけてしまったのだろう。

 

大きな扉は消えて、無数の笑顔が散らばっていきました。

解放したのは、無邪気さを閉じ込めていた重いジャッジメント。

ただ生きていることを喜ぶのを禁じ、
生きることに理由をつけようと必死になってしまった大人たち。

価値のない人になってはいけない。

人生で何かを成さないといけない。

無意味に生きてはいけない。

何者かになることを強要された大人たち。

 

誰かになろうとしなくても、あなたは既にあなた自身でいることを思い出してください。

そして無邪気に自分自身でいることを楽しんでください。

 

自分の内から湧き上がる生への純粋な喜びが溢れていきます。

深い感謝と喜びに包まれて、瞑想とヒーリングが完了しました。

 

ありがとうございました。

関連記事