イベント

11月の満月ヒーリング見届けました

始めに、創造主のエネルギーを通して今回のヒーリングを希望された全ての方と繋がり、真珠色の真っ白な光の中で人生のあらゆる領域のあらゆることへの感謝を送りました。

ゆらゆらとオーロラのようなエネルギーが降り注いでいます。

さらに意識を広げていくと、たくさんの人々が手を繋いで輪を作って大きな月の周りを回っている風景が観えてきました。

このヒーリングを受け取ると宣言してくださった方々です。

喜び、物足りなさ、焦り、ストレス、思いがけない幸せ、開放感、我慢、自分を責める気持ち、欠乏感、悲しみ、自尊心、

さまざまな感情が光となって飛び散っていきます。

月の周りを回る人の輪は放出する感情の光と混じり、いつしか原子の周りを飛び回る電子のように幾重にも重なる美しい幾何学模様のように変化していきます。

わたしという意識が薄れ、繋がっている人々の意識と重なり、さらには地球そのものの意識と繋がり、宇宙へと広がり、一切の個の感覚がなくなると…

そこはすべてなるものの、ただ在るというエネルギー。

何もないのに全ての感覚がある。

自分でありながら他者でもある。

個でありながら全体である。

 

手放したのは分離感。

自分は誰だろう。
何のために生きてるんだろう。

そんな悩みも霧のように消えていく、全てなるものとの一つであるという安心感。

あなたは一人ではありません。

一人だったことなど、一瞬たりともなかったのです。

広大な宇宙の塵などではなく、宇宙そのものです。

あなたがあなたとして経験することはみな、宇宙が経験したかったことです。

無限に広がる意識の中ですべてなるもののと溶け合い、瞑想とヒーリングが完了しました。

ありがとうございました。

 

関連記事