10月31日の満月ヒーリング見届けました

始めに創造主のエネルギーに繋がり、真珠色の真っ白な光の中で人生のあらゆる領域のあらゆることへの感謝を送りました。

ゆらゆらとオーロラのようなエネルギーが降り注いでいます。

 

このエネルギーの行く先をぼんやりと眺めていると、いろいろな感謝の風景が観えてきました。

何かを貰って嬉しくてする感謝
日常の些細なことに対する感謝
病から得た学びに対する感謝

そして、まだあるよと創造主が言いました。

起きていないことへの感謝、選ばれなかった選択肢への感謝

わたし達は常に選択をし決定をする生き物です。
そしてそこには常に選ばれなかった選択肢もあるのです。

例えば、スーパーでお刺身を買った日でも、棚にはお肉は陳列されているのです。

人生のあらゆる領域への感謝とは、このような選ばれなかった別の世界のことも含まれているのです。

そうした感謝を見届けてるうちに、何かが解き放たれていくのを感じました。

これは…

何かを失った感覚

大切な人
大切な物
自分の身体の一部
貴重な時間

大切な何かを失うことで、何かを学ぶ。

こんな方法で魂を成長させる人が多いようです。

失ったのではなく、手放すことが自らの選択だったのだと、創造主が言いました。

奪われたり、失ったり、そんなことを自分が望むわけがない。
そう思うかもしれません。

それでも人生は自分の選択でできているのです。
無意識が選択することもあるのです。

もっと受け取りながら、もっと自らの中から生み出し、創り出しながら喜びに満ち溢れて学んでいいのです。

もう失うことから学ぶ必要はありません。

 

選ばれなかった選択肢にすら感謝が湧くとき、失う悲しみを味わう必要はなくなるのです。

あるないの境目は幻想なのです。

 

創造主のメッセージが深い気づきとなって、一人一人に注がれていくのを見届けました。

満ち足りた感覚の中で瞑想とヒーリングが完了しました。

ありがとうございます。

  • URLをコピーしました!
目次