気づき

頑張り屋さんの落とし穴

先日、友人が年末に体調を崩した話を聞きました。

命に別状はないけれど痛みがひどくて辛い病気。
原因はいろいろだけれど、やはりストレスが一番大きいだろうとお医者さんに言われたそうです。

規則正しい生活、食事の改善、運動による体力の向上をするよう指示があったと。

不規則なシフト勤務の彼女は
「わかっちゃいるけど代わりの人がいないから辞められない」と言います。

そして食事の改善も無理だから、体力つけるためにスポーツクラブに入会することにしたと…。

彼女はわたしがヒーラーになる前からの友人なので、シータヒーリング®︎のことはあまり話しませんが、つい

思考パターンも変えたほうがいいよ」とポロリ。

大きなお世話ですが。
ほんとに大きなお世話なんですが。

友人としては
そんなにストレス抱えながら働いて体調壊して、会社が何をしてくれるの?
代わりの人がいないからと言うけど、会社にはどれだけの人間がいると思ってるの?
もっと自分のこと大事にしようよ。

と、思ってることがポロポロと口から出ていました。

「?? だからスポークラブ行くよ???」

そうよね。
たとえ問題の本質から目を逸らしても(そう思うのはわたしの主観で)
彼女にとってはそれが最善の選択だものね。

はい。大きなお世話でした。

かつて

同じようなことを言ったわたし、
それでも生活を変えなかった友人。
その彼女がこの世を去った昔のことを思い出していました。

わたしのまわりには頑張り屋さんが多い。

みんな一人でいろいろなものを抱えて、自分にしか背負えないと決めてしまって、体を壊してしまう。

そうして「わたしは大丈夫よ。ちゃんと治すから。」と、明るく笑う。

彼女も、彼女も、彼女も、彼女も、みんなそう。

病気になるのも自由。
健康でいるのも自由。

生き方は本人にしか変えられない。

体を壊すまで頑張る人たちを見ながら、ヒーラーのわたしは何を学んでいるのでしょう。

今わたしにできるのは、自分がもっともっと元気で豊かになって
「わたしもそうなりたい~。どうすればなれる?」
聞いてもらえるような人になることくらいかもしれない。

そうだ。

そんな人になろう。

そのためにはあれもやろう。
これもやろう。

なんかワクワクしてきた♪

よし、頑張るぞー!

 

あれ?

そういえば、わたしもよく頑張り屋さんと言われたっけ。

そうか、宇宙は類友を見せてくれてたのか。

じゃあキャンセル。

 

よーし、あれもこれも欲張って楽しむぞ!

関連記事