イベント

蜂の巣

先日、シータヒーリングの練習会&アクセスバーズのギフレシを開催しました。
公民館の24畳の和室に7名では広すぎるかと思いきや、バーズ組はいろいろな姿勢を試してあっちでごろり、こっちでまったりといい具合にスペースを使い分けていました。

シータ組は3名でローテーション。
体内リーディングは1人に対して2人がかりでガン見です。
Mさんをリーディングした時、Kさんが「蜂の巣が観えました!焼肉屋でよく見るアレです。モツです。腸に何か問題がありそう…」と報告。
「へ?なにそれ?」
私は蜂の巣という食べ物を知らなかったのでググったら
「牛の第2胃…」
「牛い?」声が裏返るMさん。

「えーと…」
私が観えたのは小腸からの門脈と少し色あせた肝臓でした。もっと細かく観ると小腸の腸壁の粘膜に少し隙間が開いて本来なら通るはずのない毒素まで血管に取り込んでしまって、それが肝臓に送られて、肝臓が余計な仕事が増えて疲れちゃってる。ような感じ。
Kさんが観た「蜂の巣」は開いちゃった腸壁の粘膜の様子と似ているのではないかと。
Mさんの症状は皮膚があちこち痒い。蕁麻疹も湿疹もないのに何故か痒い。それと首のあたりに痣もないのに痛みがあった。ということでしたので、痒みはアレルギー反応や肝臓の疲れが原因ぽいです。
「腸活だね。腸内フローラを増やしていこう!」
「首の痛みはなんだろうね?」
これが、観ようとしてもイマイチ観えない。むしろもやがかかって観せてもらえない感じ。
隣の部屋から流れてくる昭和ロマンミュージックに気をとられてしまったせいもあるのですが、それは集中できない言い訳ですね。
実は後でこの首の痛みの件は解明されるのですが、それはまた後日。

創造主はヒーラーの持ってる知識を総動員してメッセージを伝えてくれます。
ですから、小腸の腸壁の粘膜を見たことがなければ蜂の巣で代用することもあるわけです。
「なんじゃこりゃ?」と思ったら、聞き直して正確なメッセージを音や文字で詳細を受け取ります。
「視覚」が強いとこのパターンになるようですね。
それにしても、蜂の巣って…。
今度食べてみよう。

座布団で座椅子を作ってる!

保存保存

関連記事