気づき

細胞から見る地球

毎朝起きると地球と繋がる瞑想をしています。

特にコロナの影響ということでもなく、1年ほど前あなたと地球クラスを受けてからなんとなく続いている習慣です。

今、地球は大きな流れの分岐点に差しかかっています。

この先どう変わっていくのかなと考えた時に、実は湧いてくるのはワクワク感
個人事業主なので自粛自粛で生活に支障が出るのは確かなのですが、この騒動の後には何かしら良い変化がもたらされると思っています。

安定した生活って面白くないというやばい思考があるからかもしれませんね。

コロナ騒ぎが大きくなった頃にウイルスの立場からはどう感じてるのかしらとリーディングをしたことがありました。

その時感じたのは「元いたところに帰りたい」とパニックになっている思念でした。

ウイルスのことは詳しく知りませんが、こうやって人の体内に侵入して増殖するのは本来の繁栄の仕方とは違うようです。
そりゃあ、宿主に死なれたら意味ないですものね。

あるべきところにある。
それが自然の法則で、そして、何かのきっかけで人体に侵入をしてしまった時からこのウイルスが変化し毒性(あくまでも人から見ての)を発揮し始めたのもまた、自然の法則だそうです。

地球という惑星は一つの生命体です。

その中に住んでいるわたし達人類を含め、あらゆる生き物、無機物全てが地球の「細胞」です。海や山や陸地は内臓で、川は血管とも言えるでしょう。

太古の昔、地球上の生き物たちは自然と調和していて、地球は健康な野生児のようでした。
そして人類が生まれ文明が発達した頃から、地球は時折体調を崩し始めました。

子供の頃のわたしは、人類がこうやって地球を荒らし、汚し、壊していくのだと激しく憎悪していました。
人間こそが癌で、いなくなればいいと。
人間であることを恥じていて、ずいぶんと自分を痛めつけてきました。

シータヒーリング®︎を始めた時も「鳥を癒すために使いたい。人なんかどうでもいい」と師匠に言い放ったらしい(覚えてない)ですから相当ですね。

あ、今は違う感覚です。念のため。

 

地球上で起きる自然災害。

津波や大型の台風、洪水、大地震、山火事。それらは浄化として起きていると聞いたことがあると思います。
わたしもそう感じます。

これは人に例えて言うなら、腐ったもの食べたらお腹壊した的なことです。

食べた本人は気づかないけれど、胃や腸では大騒ぎです。
激しい下痢に見舞われた腸内では、細菌たちが「どうしてこんなことが!わたしたちが一体何をしたと言うの?」と嘆きながら流されていくのです。

そして神に見放されたと…

でもこれはこの人にとったら大切なことで、毒素を流さないと身体全体がやられてしまうのだから自然な対応なんです。

地球で起きていることは、わたし達の身体に起きていることと同じです。

だって、わたし達は地球の細胞の一つですから。
たくさんの細胞が集まって、一つの生命体になっているんですから。

これをワンネスと言います。

少なくともわたしが法則から聞いた話では、そんな感じでした。
全部フラクタルで動いてるんだよ、と。

では、このコロナ問題はどうなんでしょう。

どこからか連れてこられた民族が見知らぬ土地に放り出され、知らないやつだからと叩かれ攻撃され、悲しみと痛みに打ちひしがれます。
そして極限まで追い詰められた時、生存本能が目覚め反撃を始めます。
中にはその新しい土地を乗っ取るほどの勢力を持つものも出てくるでしょう。
それは長い戦いの始まりで、どちらかが勝つまで続きます。

これって地球上で起きてる戦争の話みたいですよね。
体内でも同じようなことが起きています。

じゃあどうすればいいの?そこが問題です。

戦争として見たらわかると思いますが、戦ってる時点でアウトです。
戦う必要などないんです。
わたし達は対話ができるんですから。
そして調和をとることもできるんです。

ウイルスに対しても同じです。

戦ってもお互いに被害者が出て、回復までのダメージを見たら本当に勝ったのかと聞きたくなります。

もうすでに変化してしまった毒性の強いウイルスに対しても、戦いではなく共存の意図を持って接することで弱毒化ができます。
これはシータヒーリング®︎では常識で、アナトミーのクラスでも習うことです。

人類が地球を汚したとしても、地球は一度だって憎しみを持ってわたし達に向かってきたことなどありません。

自然災害として浄化が起きて、結果人や動物が死んだとしても、それは憎しみや罰ではないのです。
単に自然の法則なんです。
納得できようとできまいと。

そして人工物が地球を汚すと言うのもおかしな話で、地上で作られるものは全て自然なモノなんです。
人間も自然の一部なんですから。

ただ、あるべきところにあるものを別の場所に置いた時に変化した結果です。
石油からプラスチック製品を作り出すような。
宇宙にあるような強烈な放射線を日々の生活に持ち込むような。

これらを踏まえて、自分は日々どう在るのがベストなのか考えてみようと思います。

一人の人間に何ができるの?何言ってんの?と思われるかもしれません。

でもね、
誰だって、個でありながら、全体の一部として、宇宙そのものなんです。

個々の在りようが変わった時、全体がどうなるのか。

見てみたくないですか?

RELATED POST