気づき

悩みの正体とは?

 

悩みを抱えてる方が的確なアドバイスをもらった時によく言います。

「そんなんできたらとっくにやってるわ」
「それができないから悩んでるです」

悩みの正体って、一体何なんでしょうね?

 

これは私の場合ですが…

うん十年前、離婚しようかどうしようか悩んでました。

彼との人生の先に自分の幸せはないと気づいたのは、結婚して一年後。
この時さっさと見切りをつけたらよかったのでしょうが、なにせ苦行好き。
努力すれば何とかなると思って、良い妻であろうとがむしゃらに頑張りました。

この努力、思いっきり方向が違いますが、頑張ってるうちは悩む必要もないから楽なんです。

で、2年くらい経ってもう頑張れないと思ってからが悩みまくり。

自分のためには別れた方がいい
でも、主婦の座に甘えて自立できなくなってる(仕事辞めたくて結婚したから)
頑張れば関係性も良くなるかも(エセポジティブ思考)
でも、もう疲れた

これをぐるぐるさらに2年間。

夫と話し合いをするも、お互い自分の安全圏から出られないから話がかみ合わない。
引っ越ししようかとか、子供を作ろうかとか、明後日の方向へ逃げる。

私には自立する勇気がなくて、悩んでるふりして妻の座にしがみついていました。

 

そう、本当の問題を見ることができなかっただけです。

 

そうして限界まできて、私がとった行動は…

死んでみる⇨失敗
夫驚愕、ドン引き。
実家の家族、大ショック。

それでもまだ完全に別れられず、最終的に

家を壊す

成功!

ちゃうちゃう。
それ破壊だから。

勇気じゃなくて狂気だしてどうする。

でもその時の私にはそれしかできなかったんです。

今ならわかるけど、
「自立=孤独」の思考パターンがあったので怖くて前に進めなかった。
「愛を失って生きることは不可能」もあるから死にたくなる。

 

で、車を走らせるのにガソリンないからロケット燃料使った…みたいな行動とる。

ロケット燃料ですから、飛びますよー。

空を越えて、宇宙を超えて、光の層を超えて…
そして、まばゆい真珠色の光の中で気づきました。

 

もっと自分に優しくしてあげてたら、勇気だって出せたのに。

 

燃え尽きた後は空っぽになって、真っ白な灰(ウツ)になりました。

あの時にシータヒーリングがあったらなあ。
やみくもに恐れと戦わなくても済んだのにね。

今は違います。

「きゃー怖い!」
「これ取って!」
しんどい時は信頼できるヒーラーさんを頼ります。

で、問題解決。
すっきり前進。
一つの問題を悩み続ける根性はもうありません。

 

人は問題を直視できない時、見ないようにするために悩み始めます。

ロケット燃料使う前に思い出してください。

もっと穏やかに安全に恐れを手放す方法があるということを。

関連記事