先祖の霊と話す

先日、シータヒーリング®︎応用セミナーを開催しました。
平日の昼間コースで、お子さんのいらっしゃる方には受けやすいスケジュールです。

実は、今回の受講されたSさんとは雉のヒナを育ててるママ友でもあります(笑)
Sさんが保護したヒナのうち、脚が悪い子を3羽引き取り育てています。(1羽は生まれた翌日に亡くなりましたが)

自力で餌を食べられない子たちが寝てる隙にセミナーをするというシュールな5日間でしたが、アシスタントのKさんも交えて楽しい時間を過ごすことができました。


さて、応用セミナーの醍醐味はなんと言っても感覚感情の大量ダウンロード

喜びや豊かさ、寛容さ、信頼、透視力などなど、その数、およそ900個。
喉がガラガラになるほどダウンロードし続けます。
転生300回くらいの意識の改革が起きます。

それ以外にも憤りや後悔のワーク、契約や誓約、呪いの解消、魂の再創造、胎内ヒーリング、植物と話すなどたくさんのことを学びます。

その中でも、先祖の霊と話すという楽しい(?)ワークもあります。

今回はSさんのおばあちゃん、Kさんのおじいちゃんとお話ししようということになり、お互いに聞きたいことなどを打ち合わせしてから始めました。

まずはKさんがSさんのおばあちゃんに会ってきます。

わたしはリーディングしながらその様子を見守ってます。

Sさんのおばあちゃんは、Sさんによく似たおっとりと優しい感じの方です。

農家のお嫁さんだったのでしょう。
野良着が年季入ってます。

にこにこしていて、お話を聞いてるKさんも釣られてにこにこしています。

ですが…

なぜかここにKさんのおじいちゃんとおばあちゃんが揃って出てきているではありませんか。

今はSさんのおばあちゃんを呼んでるはず…なんだけど?

ちょっと気になりながらも、

リーディングは続き、ほっこりとした空気が流れます。

Sさんのおばあちゃんは、Sさん親子が死に目に間に合わなかったのを気にしていたことを知っていて、「大丈夫だよ」と伝えたかったそうです。

Kさんのリーディングしたおばあちゃんの姿はSさんの記憶の中のおばあちゃんそのままでした。

素晴らしい♪♪♪

そして次はSさんがKさんのおじいちゃんに会ってくる番。

最初、間違えてお父さんを呼んでしまって、おじいちゃん待ち構えていたのに脇にどいてもらったそうです(笑)

ですが、おじいちゃんの服装や髪の毛にまつわるこだわりなど、生前のキャラをしっかりと捉えていて、初めてとは思えない着実なリーディングでした。

これまた素晴らしい♪♪

で、気になっていた早めの登場のおじいちゃんのことをKさんに聞いてみると、

「せっかちなんです〜!おじいちゃん、ほんとに」

とのことで、納得。

おばあちゃんも一緒だったと伝えると、

「えっ!まさか亡くなった?」

と携帯電話をチェックしていましたが、それは大丈夫でした(汗)

「だけどすごく安心しました。

おばあちゃんはいつもおじいちゃんのところへ行きたいと言っていたので…。

今はもう誰のことも認識できないほどになってしまったんですが、魂はすでにおじいちゃんのところへ行っているんですね。

良かった。」

そうかー。

そういうこともあるんだねー。

一つの仕事に二人で命をかけて成し遂げたソウルメイトの姿を見せてもらって、心の温まる瞬間でした。

実際の生活に根付いたヒーリングができるようになるのが応用セミナーです。

基礎を受けたら、ぜひ次は応用にチャレンジしてみてくださいね。


  • URLをコピーしました!
目次
閉じる