プライベート

今年は体感の年でした

大晦日ですね。

たくさんの人たちに支えられて、ビッグウェーブを乗り切った1年だったなあ〜としみじみ思います。

今年を振り返ってみると、テーマは体感だったようにも思えます。

シータヒーリングを通して学んだことはたくさんありますが、その知識が頭だけでなく、細胞レベルで感じられるという体験を何度もした年でした。

もちろん、クリアリングをして気づきを得ることはよくありますが、感動とか感謝、開放感、安堵感、許しなど、感情として受け止めるものが多く、肌で感じるという経験はあまりなかったような気がします。

その最たるものが創造主との一体感でした。

これは本当に体感なので言葉で説明しようがないです。

「全ての苦痛は神との分離感からくる」といろんなマスターたちが言っていたのは真実だったんだなあと納得しました。

この体感以降、創造主の視点で見るということが楽にできるようになり、セッションだけでなく日常的に気づきが増えています。

創造主との一体感やその一部であるという実感を得るには、自分の境界線というものを限界まで体感するということが前提だそうで、もちろんそれも体感しました。

個としての自分を知って初めて全体の一部であると実感できるのです。

また、宇宙の法則たちとの交流も深まりました。

彼らが一方的に何か言い放って消えるということは今までもありましたが、何日にも渡って説教(講義?)されるとか、質問に答えてくれるとか、後ろの百太郎ばりに出てくるので守護霊かと思ったくらいです。

「またか!」と言うと、「まだ分からないのか!」とくる。
ツッコミの法則か?

法則によってキャラは違いますが、有無を言わせぬ圧迫感があります。

ただ、これらの体験ー創造主との一体感や法則たちとの交流は「あなたと創造主」のクラスを教えるために理解しておくべき大切なところなので、間に合って本当に良かったとホッとしています。

創造主は抜かりなし。

***

今年はcovid-19騒ぎでやたらと制限されましたが、その制限された行動の中で経験したことから大きな体感を得られたのはちょっと皮肉ですね。

わたしはもともと世間の集合意識から思い切りはみだそうとする意識が強く、自粛自粛と言われると余計に活動したくなるような面を持っているので、こういう事が起きたのかもしれません。

話が小難しくなってしまいましたが、
やっぱり肉体を持って地上で生きているのだから行動体感は大事だよね!としみじみ感じた一年なのでした。

 

さて、今年もあと少し。
良いお年をお迎えください。

 

たくさんの愛と感謝をこめて。

 

 

 

関連記事