シータヒーリング®

ヒーラーになるにはどうしたらいい?

ヒーラーになりたいけれど、どうしたらいいですか?
シータヒーリングを習えばなれますか?
わたしにもなれるでしょうか?

と、質問されることが時々あります。

ここで言う「ヒーラー」とはどんな人を指しているのでしょう。

傷ついた人々を癒す人
困った人々を助ける人
病気を治す人
悪霊を祓う人

いろいろな解釈がありますね。

そもそも職業なのか、生き方なのか。

わたしは自分のことをヒーラーと認識するまで数年かかりましたが、
今は生き方そのものがヒーラーだなあと思っています。

そのわたしが思うヒーラーの定義とは

愛と希望を振りまく人です。

昔のアニメ「魔法使いサリーちゃん」の歌にありましたね。

懐かしすぎるー

 

♪マハリ~クマハ~リタ
ヤンバラヤンヤンヤン

魔法の言葉を となえると

愛と希望が とびだすの♪

 

ここ大事。
ヒーラーとしての大事なお仕事です。

つまり、わたしが思うヒーラー(特にシータヒーラー)は現代の魔法使いなんです。

 

じゃあ、どうすればなれるのか?

それにはまず、自分自身が幸せで愛に満たされていることが大切です。

これは別に不幸な人がヒーラーになれないとかではなく、不満を隠して「幸せです♪」と言い張れと言ってる訳でもありません。

人は自分の持っているエネルギーしか放射できないので、周囲に愛を放つなら自分が愛で満ち溢れていないと無理なんです。

無理やりポジティブを装っても、根底にある不安が大きければ放射されるのは不安のエネルギーです。

ストレスにまみれて苦痛を感じてばかりいたら、周囲に苦痛のエネルギーを放射してしまうのです。

やりたいことをやらず、やりたくないことを我慢してやっているなら、ヒーラーとしてのエネルギーとは真逆のものを放出しているでしょう。

もちろん、生きていれば辛いことは起きます。誰にでも。
体調を崩すこともあるでしょう。
悲しい出来事に直面することもあるでしょう。

ヒーラーはそんな時でも明るく元気じゃなきゃダメ!ってことではないんです。

起きた出来事に善悪はなく、それをどう捉えるか。だけです。

辛い時、悲しい時はもがいて泣けばいい。

腹がたてば怒ればいい。

感情を殺せと言っているのではなく、感じることを自分に許せるかどうか?です。

ヒーラーになろうと思いながらも、今辛いことが起きているなら、まず自分に問いかけてみてください。

この出来事をどう感じる?
これはわたしにとってどんな意味があるの?
この経験から何を学ぼうとしているの?

否定的なことが起きて、否定的に捉えた時、ネガティブなエネルギーが増大します。

否定的な出来事を肯定的に捉えた時、ポジティブなエネルギーに包まれ、癒しと変容が起きるでしょう。

わたしの思うヒーラーは、自分で人生を創り、内側から幸せを生み出し、周囲へと還元していきます。

これを難しいと思いますか?
それとも「あ、それならできそう!」と思いますか?

シータヒーリングでは、より簡単に、軽いエネルギーで人生を創っていくことを学びます。

ヒーラーになるには近道なんじゃないかな。と思える方法です。

関連記事