そこそこの人生でいいですか?

海外ドラマが好きでよく観てます。
けっこうセリフがいいんですよね。

今回共感したのは…

「あなたは美人で成功してて幸せなのは知ってるわ。
でもね、幸せに上限はないのよ。

キタコレ!

幸せに上限はない。

よく言ってくれました!

本当にね、その通りだと思うんです。

まあ、人生こんなもんかな?
これ以上望んだらバチが当たるよね。

よく聞くセリフなのですが…

誰がバチ当てんの?

誰がバチ当たったの?

なんのバチが当たるの?

教えて!

なんでもっと幸せなっちゃいけないの?

そんなこと誰が決めたの?

これはね、多分昔の日本人の集合意識の名残だと思うんです。

幸せすぎたらあかん。
何か恐ろしいことが起きるかも。
幸せと不幸せの帳尻は合わせておかないと。

そして、その根底には

「私なんてこんなもん」

という、そこそこの幸せがぴったりな、そこそこの価値の自分がいるんです。

もったいないですね。

宇宙は無限の豊かさを与えてくれるというのに。

自己価値を上げて、幸せの先の恐れを解消すると、

人生はどんどん豊かになっていきます。

どんどん受け取れるようになっていきます。

もっと幸せになっても、大丈夫。

  • URLをコピーしました!
目次