イベント

あれ?銀粘土…教室?

 

今日はひたちなか市で銀粘土教室の日。

 

ここの生徒さんたちは10年以上通い続けてるベテランさん揃いです。
出会った頃は20代だった子たちも、今では持病の話をするお年頃笑い泣き

 

光陰矢の如し…とは、このことよ。

 

 

さて、今回は体験の方が2名(手前)参加してくださいましたラブラブ

お二人ともリングの製作です。

   

楽しそうお願い

なんだか普通の銀粘土教室っぽい風景ね。

 

私のギャグも控えめ(人見知り発動)

 

 

 

ん?

 

奥のベテランさんたちは何してるのかなー?

あ、ソウタシエ!

 

なんじゃこりゃ

 

 

「せんせー。からまったー。」

 

「おい」

 

「ほどいてー。」

 

「こら」

 

 

普段銀細工ばかり作ってる生徒さんたちは針と糸が苦手だったようです。

 

ぶすぶすと針が指に突き刺さっては悲鳴が上がってます。

(それ以前に、針に糸通すのも大変だった)

 

一方、こちらの電気炉では

大作のブレスレットが無造作に乾燥中

 

すごいね、これ。

 

そして数名の生徒さんたちがどこかに行ったきり戻ってこない…

なぜいつもこの教室は全員揃わないんだ?

 

と、思ったら、コーヒーソフトクリーム買って帰ってきた。

 

いいなー! 自由で!

 

 

そうこうするうちに、体験の方の作品が仕上がりました。

ファビュラスキラキラ

ご入会に心が傾いていたようで、いろいろ確認してお帰りになりました。
またお会いできるといいなラブラブ

お、こちらも9割がたできてきましたね。

あとはビーズで装飾するだけ。

 

 

生徒さんたちのおしゃべりが聞こえてきます

 

「こないだテレビで言ってたんだけどね、年取ったら必要なのはね、

食べてけるだけの蓄え

趣味

それを一緒に楽しめる友人

なんだって。」

 

「へええ」

「そうだねー。大事。」

「いかにも」

 

 

「みんな、私死ぬまで教室続けるから。」

 

 

「ほんと?」

「車椅子でも手が動けばできるもんね」

「手先動かすからボケないしね」

「やったー」

 

 

もー。

ますます整形外科の待合室みたいになってきたよ。

 

今度は筋トレもメニューに加えるかな。

 

関連記事