セミナー受講

責任と義務

先日、シータヒーリングの「豊かさと願いの実現」というセミナーを受けてきました。

スピリチュアルなことよりもむしろ現実の生活に根付いた、ビジネスセミナーとしても成り立つような、望みを叶えながら生きていくための在り方を学ぶ内容です。
「自分の人生は自分で創るもの」
よく聞く言葉ですが、この言葉の真実が実感できる2日間でした。

そんな有益なセミナーですが、自分と向き合うために容赦ない思考パターンの置き換えをします。

お金に関する150項目近いビリーフリストを手に筋肉反射テストを行いチェックし、それを元に掘り下げるわけですが…
ブロックがあると何の話なのか理解できないんですねー。しかも眠くなる。
一緒に受けた仲間たちも揃ってブロック発動して、居眠り寸前。
「仰る意味がさっぱりわかりませんが??」を連発。
何度聞き返しても読み返しても頭をスルーしていく言葉の数々。
どんだけ豊かさを受け取らないつもりなんでしょう。

人というのは本来何もしなくても願いを叶えて生きていけるものだそうです。
願望実現するのがデフォルトなんですね。
それが叶わないのは、余計なブロック、つまり怒りや恐れ、後悔、たくさんのジャッジメントがあるからで、日傘を差して日焼けしようとするようなものです。

で、初日に発覚した私の思考パターン。
「成功に伴う責任がこわい。成功は重荷だ。」
これの土台を掘り下げていく中で混乱したのが「責任と義務」という言葉。
ネットで調べると
責任:自分が引き受けて行わなければならない任務。義務。
義務:人として立場上、身分上、しなければならないこと。責務。
どちらも大差ない感じ。
師匠にごちゃ混ぜにしていると指摘されて、創造主に聞いてきました。

すると…
義務は「〜すべき」ことですが、
創造主の観点からの責任とは「自分で選択をして喜びを持って遂行する」だそうです。
チャネリングしている時、責任という言葉のエネルギーは明るくて軽いんですね。
本来、責任を果たすことは喜びであるはずが、私にはとても重いものでした。
ですから「成功には責任が伴い、その責任が重いから成功したくない。」という現象を引きおこしてしまうんです。
もしくは、小さい成功でちょこっとだけの責任とか。

あらやだ…
とっととこの思考パターン置き換えてくださいな。
ということで、ペアワークのパートナーにお願いして「喜びを持って責任を遂行する」に置き換えてもらいました。

自分で選んで決めたことをやるのに喜べないなんて…
考えてみたらおかしなことですよね。
このセミナーでは望みを叶えるのに邪魔になっていたブロックがドカドカと外れ、実際に受講直後にお仕事の依頼も増えました。
何よりも、人生を自分で創っていくことを当たり前と思えるようになったことが一番の収穫でした。

人は皆、クリエイターです。

 

RELATED POST