イベント

掘り下げが必要なわけ〜実践会開催しました〜

 

昨日は名古屋からおぎーこと萩原吉史さんとの共同で実践会を開催しました。

その名も「楽しく掘り下げ上手になろう!実践会」

今回は恐れと憤りにフォーカスして、掘り下げをスムーズに行うコツを伝授してもらいました。

集まってくれたシータ仲間は久しぶりの再会の方もいて、きゃわきゃわラブラブプチ同窓会気分。

それとは裏腹に、

しばらく実践会がなかったのでペアワークから遠ざかっていて緊張してる方も多く、調子悪くなってる方も…。(どんだけ?)

なんでそんなに緊張するのかというと、みんな「掘り下げ苦手」だから。

シータヒーリング®を習ったら、避けては通れない「掘り下げ」。

望む現実を創り出すのを阻む思考パターンを、有益なものに置き換えるために潜在意識に深く入り込むテクニックです。

シータ波を維持しながらリーディングとチャネリングでクライアントさんへ的確な質問をしつつ掘り進めるので、多くの習いたての方がが苦手と感じるところです。

これは慣れと練習しかないと言われています。

まあ、でも

ぶっちゃけ、リーディングで思考パターンの土台見えちゃうんだけどね!

身も蓋もないけどね!

だから掘り下げしないで思考パターンの置き換えするヒーリング様式もあるわけで、それはそれでいいと思います。

ただ、掘り下げは本来クライアントさん自身の気づきを促すためのもので、

「あ、これですね。チョチョイのパー」

だと、何が起きたのかもわからず、納得もできず、実感が薄いんです。その後の行動を変える意識も薄い。

セッションで掘り下げていく中で、クライアントさんが自分の中の思いもよらない思考に気づく瞬間、

はっ

となります。

私はこれを見るのが大好きです。
こうして気づくことで、もう人生は変わってしまっているんです。

気づきってすごいんですよ。
一瞬でエネルギーが変わってしまう。

ずっと持ち続けた思考パターンを手放す時、カルマの解消が起きます。

それは生まれ変わったのと同じ。
魂の成長の証です。

この奇跡の瞬間に立ち会える幸せ。
だからシータヒーリング®が大好きなんです。

そして、掘り下げが上手になるともう一ついいことが。

セルフワークがはかどります。

セッションを受け続けるのももちろんいいですが、自分で自分の問題に向き合って解決できたら、すごく良くないですか?

自分のこと癒すのに最適な人は自分自身なんですよ。

みんなね、本当は自分に癒してもらいたい。自分に愛されたい。それができなくてもがいてるんです。

そんなわけで、久しぶりに集まった仲間たちは大いにもがいて、汗だくで掘り下げていました。(エアコン苦手だからって消すなよー、私)

おぎー力の抜けた感じが持ち味の優しいレクチャーをしてくれるので、掘り下げなんて簡単だよ~と思わせてくれます。

会の終わりには「また参加したい」という声が多く聞こえてきて大盛況でした♪

そして、呪いの話にみんなが食いついたところで、次回は呪いスペシャル!のテーマで開催決定!

7月26日(金)やりますよー!

呪われてる人、いらっしゃーい!

(なんか違う?)

RELATED POST