気づき

人目が気になる

 

子供の頃からずーっと、他人の目が気になってました。

人からどう見えるのか、どう思われるのか。
そんなことばかり気にしていて息苦しい日々。

人目を気にすると緊張しますよね。
以前はすごくあがり症で、人前で話すのなんか拷問。

考えただけで卒倒。

断然、隠れてたい派

でもね。

隠れてたいのに、カッコよく見られたい…の。
  

カッコつけてたわー。

スカしてたわー。

中学生の頃、近所のスーパーですれ違った小学生に

「スカし!」

って、言われてギクーっとした記憶があります。

エスパーか?キミは。

 

グラフィックデザイナーとして勤めてた時は営業も兼ねていたので、それらしく見えるようにイタリア製のパンツスーツ着て、ハイヒール履いて原稿持って颯爽と歩いてみたりしていました。(スカしっぷりにお金かけるようになってた)

地下鉄のホームまで階段を降りる時なんざ、誰も見てないのに一身に視線を集めてるつもりで気取って…

グキーッって足くじいて、コケて、本当に注目浴びたりしてました。失笑もね。

駅のトイレから出た後も、ズボンの裾をめくり上げたまま(トイレで引きずりたくなかったからね)ホームでキャットウォークしてみたり…。

もちろん注目浴びてましたよ。失笑もね。

電車の中でカッコつけて吊革掴まらないで立ってたら、すごく揺れて、慌てて掴んだのが野球青年の襟首とか。

かわいそうに、青年よ、真っ赤になって。

恥ずかしさ道連れ。

 

なんでこんなドリフのコントみたいな事が起きるの?(しかも電車がらみ)

 

私は本当は注目されたがりなんじゃなかろうか?
まんまと願望実現してるんじゃない?変なカタチで。

と、いうことに気づいたのはシータヒーリングを始めてからです。

それ以来、ビリーフワークを続けてきました。


もっと楽に生きられるように。
もっと自由でいられるように。

 

根深いテーマらしく未だに何かにトリガーされると浮上してきますが、以前の10分の1くらいにはなりました(当社比)。

 

コントもね、たまにならいいかな。

人生に笑いは必須だもの。

RELATED POST