パートナーシップ

ソウルメイトのエネルギー

先日、ソウルメイトのエネルギーをたっぷり浴びながら

シータヒーリング応用DNAインストラクターセミナーを修了しました。

講師のジョッシュとレイナはとても仲の良い夫婦で、歩いてる時やセミナー中も何かと手をつないだり、微笑みあったりしていました。

見た目の仲の良さだけでなく、お互いの理解の深さも感じられました。

私はこういうカップル好きです。

でも、中には「あのソウルメイトのエネルギーにトリガーされて受講できん。」という方もいると聞いて、なるほどね~と思いました。

感じ方は色々ですものね。

で、

それに該当する方はこの先読むの止めましょう。(なんちゃって)

その夜、修了書を手に帰宅した後のんびりしていたら、夫のK氏がつつっと目の前に正座して

「はい」とカードをくれました。

インストラクターセミナー修了おめでとうカードでした。

これからたくさんのヒーラーさんを育ていく私の姿を想像するとニタニタしちゃうそうです。

思いがけない贈り物にびっくりキラキラ

基礎から応用までの7日間、前の方の席に座ろうと朝早く家を出ていたのにも関わらず、毎日朝と昼のお弁当を用意してくれていたのは彼で、むしろカードを贈るのは私の方…よね?

しかもうちには大小さまざま12羽も鳥がいて、中には体の不自由な子たちもいてお留守番は大変です。

朝と夕にお掃除、お仕事の合間に一旦戻ってきて上手に食べられない子にごはんあげたり、明らかに彼は夜にはぐったりぼけーしていました。

負担かけておいて、私こそお礼をしなくちゃ…

と…

いつもなら思うのですが。

出たセリフは

「わーラブラブありがと~~うビックリマークこれから頑張るねチュー

でした。

軽っ。

このインストラクターセミナーではたくさんのペアワークをしたのですが、私には毎回毎回「受け取る」ことがテーマだったのです。

ジョッシュが書いてくれたメッセージの通り、長い間受け取ることができない故に自分を責め続けてきました。

それもこのセミナー前にほとんど終わらせて

手こずっていたラストサムライを解放して、受け取りの許可を出すワークも進み、最後の最後で

受け取るとか与えるとかじゃなくて、エネルギーは常に循環してるんだよ。

というダウンロードをしてもらい、

いつだってたっぷりと受け取ってたし、たっぷりと与えていたし、

足りないなんて幻想だったんだ。

ということに気づきました。

(ありがとう、歌茄さん、真理子さん、しゅんすけさん)

だから、

差し出された思いやりをすんなりと受け入れ、感謝をしただけでした。

だって、ねえ…それ以外に何するの?

幸せな私をサポートしている彼は幸せなんだから、他にどうしろと?

大きな大きな愛のエネルギーの循環の中で生きていて、パートナーとはソウルメイトのエネルギーを循環させていて、お腹いっぱい、愛がいっぱい。

人を育む前に気がついてよかった。

やるのはソウルメイトのセミナーじゃないけどね爆笑

あ、でも応用のクラスではソウルメイトの引き寄せやりますよ!

今回も創造主はタイミングばっちりでした。

サンキュー クリエイターキラキラ