学び

スピリチュアルと脳科学とわたし

昔流行った歌みたいなタイトルですが。

先日「スピリチュアルと科学を調和させる脳科学講座」を受講してきました。
難しそうな響きですねー。
期待を裏切らない難しさでした。はい。
そして予想外の内容の濃さにお腹いっぱいです。

今回の講座では主に脳波について学びました。内容があまりに多いので、ここではシータヒーリングに関係するシータ波について少しだけ触れてみます。
シータヒーリングをする上では欠かせないシータ波ですが、何でもかんでもシータ波が出ればいいというものではないそうです。寝てる時に出るのがシータ波なんだから、起きてる時に出てたら病気…なんですね。
では、私たちシータヒーラーに必要な脳波とは何かというと、シータ・オシレーション波とFmシータ波というものです。

ざっくり言うと、これらの周波数は地球の出す周波数と共鳴しやすく、それゆえ潜在意識に届きやすかったり、骨や体の各部分を修復するエネルギーになったりするんですね。
これがいわゆるヒーラー脳と呼ばれるものです。

科学者の多くはスピリチュアルを敬遠する傾向がありますが、こうして脳波からヒーリングと見てみると、周波数の共鳴という美しいエネルギーの調和が人の体や心までも修復しているという事実が浮かびあがってきます。
こう言われると、納得する方も多いとか。
やはり、全てはエネルギーなんですねー。

ただ、私自身は殊更にスピリチュアルを解明する必要は感じていません。
だって、あたりまえだから。
見えなくたって存在するものはあるし、見えてるものが現実なわけでもないし。
物事の本質を見るのに、ウンチクはいらないのです。

じゃあ、なんでそんな小難しいセミナーなんか受けてるんだよー。って?
単なる好奇心です。
それと、こうしていろんな知識をためていくと、創造主の伝えてくるメッセージがより鮮明になるから。

実際にセミナー中にびっくりしたことがありました。
余談でいろいろな方の脳波測定結果の3D画像を見せていただいていた時、見覚えのある図形が表示されました。
「ああ、これはADHDの人だ。」とつぶやいたら、「脳波形の見方わかるんですか?」と聞かれました。
もちろん医療機器レベルの脳波測定結果なぞ生まれて初めて見たのですが。
以前、ある方の脳のリーディングをした時に、これとそっくりな図形を見たんです。脳波測定の形だとは知らずに、ただ、脳神経がそれはそれは忙しく働いている様子として見えました。神経そのものも、体の外にまで飛び出して動いていたのです。
後からその方がADHDだと聞いて、なるほどと納得しました。

創造主っちゃスゲーなー。
知りもしないものを見せるなんて。
やはり興味のあることにどんどん首を突っ込んでいくと、繋がっていくんですね。
ついでに、7年ほど前からやってるエネルギーワークの方法が、ドイツの振動医学の理論と同じだったという事実も今回発覚。また繋がりました。

というわけで、今後も脳科学から目が離せなくなりそうです。